保険の雑学

詳しくなろう保険の事

保険の雑学


保険にはいろいろな種類があります。業界でいうなら生命と損害がありますす、その中でもたくさんの種類があります。ですから、一般の人には理解がされていないことが多々あります。しかし、この業界について全体の構造を雑学的な雰囲気でも知っていることはとても大切です。なぜなら、無駄なお金を支払わなくてよくなることがあるからです。
かつてこの業界は護送船団方式というやり方で行政の管理の下で経営が行われていました。このやり方の特徴は消費者よりも業界を保護することが大きな目的でした。つまり、消費者が損をしていたことになります。それを可能にしていていたのが規制でした。
しかし、1995年に規制緩和が行われ消費者が得をするような業界になりました。具体的には、価格の横並びがなくなったことです。ですから、消費者にとっては選択の幅が広がったことになります。
また、かつては商品を販売するチャンネルは代理店しかありませんでしたが、現在ではインターネットでの販売もありますし、乗り合い代理店が増えていることが大きなメリットです。
乗り合い代理店とは、ひとつの代理店が幾つも会社の商品を扱えることです。今までは専属の代理店がほとんどでしたので、この変化は大きな意味があります。
ただし、注意が必要なのは、乗り合い代理店であってもお客様に勧めるのがお客様に最適な商品とは限らないことです。代理店が手にする手数料が高い商品を勧める場合もありますので、それを見抜くことが大切です。